初めてのマッサージ体験

子供の頃は肩こりと無縁だったので、肩叩きをされても、何が気持ち良いのかさっぱり理解出来ませんでした。ですが大人になり、デスクワークが増えると、肩や首が固く凝るように……。
生まれて初めてマッサージを経験したのは、社会人一年生の時。同僚に、オススメの整体院に連れて行って貰いました。
まずは、軽く問答。どこが気になるのか、何が辛いのか。私はパソコン作業のせいで、肩から背中が凝っていることを伝えました。
そして、いよいよ施術台に横になって、マッサージをして貰うことに。
プロの手で、初めて背中を指圧して貰った時の気持ち良さは、今も忘れません。
凝った場所を揉みほぐして貰うのは、痛い中に心地よさがあり、思わず唸り声が出てしまうほど。
振動で身体が揺れるほど、強い力で揉まれ、背骨に沿って指圧され……疲れがほぐれて、溶けていくような感覚に恍惚となりました。
背中から肩、そして首まで、ゆっくりマッサージして貰いました。
「ずいぶん凝っていますね。肩がバキバキです」
額に汗をかきながら、懸命にほぐしてくれた整体師さん。終わった後は嘘のように身体が軽く、首や肩が回し易くなっていました。
あれから病みつきになり、今も年に何回か、マッサージにいきます。マッサージ椅子も手軽で良いですが、やはりプロの手で揉んで貰うと、桁違いの効果を感じるのです。

ホームに戻る